藤沢、茅ヶ崎、平塚を中心に、安心価格を心がけて、お墓のお仕事をさせていただいています、アイシンの佐保(サホ)です。今回は、大庭台墓園の立体墓地に、インド産黒御影石PTRの『桜咲く』お墓が完成しましたので、ご紹介いたします。

 

【完成したお墓です】

 

今回は、ホームページをご覧になってお電話でのお問い合わせでした。亡くなられたお父様のために大庭台墓園に墓地を取得されて、お墓を建てたいとのことでした。
お電話いただいてから、いつものように現地でお会いして施工例を見ていただきました。当初のご希望としては石種は黒御影石がいいということでしたが、それ以外には特別なご希望はありませんでしたので、ご一緒にお墓の完成イメージを膨らませていきました。

それでは、完成したお墓の細部をご紹介してまいります!

 

棹石です。まず、とても印象的な正面の花の彫刻は、以前に弊社でお作りしたお墓の花のデザインを元にしています。ご覧になったお客様がとても気に入ってくださったので、施工例のお墓の方に許可をいただいて作成しました。花立て香炉部分にも、同じ彫刻を入れています。

石は、インド産黒御影石PTRという石を使用しています。つややかな漆黒のきれいな石です。インド産黒御影石のクンナムと同じく最高級の石です。ただ、クンナムは良く見ると雲母の模様が見えるのに対して、このPTRはより漆黒で最も黒に近い石になりますので、今回はよりお客様のご希望に近いPTRを使用しています。

 

 

側面から見た写真です。花立て香炉は一体型のタイプで、高級型加工となっています。前面は、お客様のご希望で丸く加工しています。また、高さもお客様のご希望で棹石の斜めの部分に合わせた高さになっています。花立て香炉も2分の丸面取りを施して、お掃除やご納骨の際に動かしたりする場合に、石と石がぶつかって欠けたりすることのないように注意を払っています。

 

花の彫刻は素彫りで、色を入れたりはしていませんが、黒い石に模様がしっかりと浮かび上がって、とてもはっきりときれいに見えます。職人の技が光る仕事です! このデザインを気に入っていらっしゃったお客様にも大変喜んでいただけました。
拝石には家紋をこのようにお入れしました。ここに家紋を入れるのは珍しい例だと思いますが、こちらもお客様のご希望でお入れしました。

 

 

お引渡しとご納骨も無事終わりました。完成を心待ちにしてくださっていたお客様は、「いいものができてよかった!」ととても喜んでくださいました。ご希望の花の彫刻もとてもいい仕上がりで、大変気に入っていただけました。少しでも早くお父様を眠らせてあげたいと望まれていましたので、素晴らしいお墓が完成してご納骨する日を迎えたことを、喜ばれるとともに安心していただけたようでした。

デザインを参考にさせていただいたお墓のお客様も、完成したお墓を見に来てくださって、「こんなに立派なものができたんですね!」とお褒めいただきました。このたびはデザインの参照を快諾くださりありがとうございました。おかげさまで素晴らしいお墓になり、お客様にも喜んでいただくことができました。

皆様の想いのこもったお墓で、お父様も喜んでゆっくりとお休みになられていることと思います。長く大切にお参りいただけますとうれしいです。