藤沢、茅ヶ崎、平塚を中心に、安心価格を心がけて、お墓のお仕事をさせていただいています、アイシンの佐保(サホ)です。インド産黒御影石(本クンナム)の洋型墓石が大庭台墓園芝生墓地に完成しましたので、ご紹介いたします。

 


【完成したお墓のお写真】

 

今回のお客様は、お父様とお母様のためのお墓を作りたいとご希望の方でした。ホームページからお問い合わせがあり、すでに他の石材店さんに見積もりを取られていました。

現地で待ち合わせのお約束をして、ご一緒に実際の施工例を見てまわりました。ある程度のご希望はお持ちでしたが、色々とご説明をしてお話していくうち、吸水率の低い、水を吸いにくい石をご希望されました。特に芝生墓地では、芝からの水の吸収もありますので、吸水しにくい石の方がお墓の長持ちにつながります。さらに、インド産で黒い御影石をご希望されました。

それでは、完成したお墓の細部をご紹介いたします。

 

棹石天面は、ごみや泥が水で流れ落ちるように、水勾配をつけて丸みを持たせています。これも、お墓の長持ちのための工夫のひとつです。

文字の彫り方は、「梨彫り」という彫り方です。施工例をご覧いただいた際に、通常の彫り方と違ってごみなども溜まりにくいのでお手入れしやすく、見た目もソフトな印象を与えることをご説明して、ごちらを採用していただきました。特に、色の濃い石ですとこの「梨彫り」は文字が見えやすく、今回の黒御影石にも最適な彫り方といえます。

 

こちらは「額出し」加工です。額縁のように浮き出した、高級型の特徴である加工です。
右下にはお花の彫刻を入れました。こちらも施工例をご覧になって気に入られたので、お客様のお墓に合うようにレイアウトしました。風格の中にも華やかな印象が加わりました。

 

香炉と花立てです。この角の部分とお墓全体にかけて、2分(5.6ミリ)の面取り加工をしています。手間はかかりますが、石の角が万一ぶつかった際に欠けないようにするための工夫です。

香炉の天面は、棹石の天面と同じように丸みを持たせています。デザイン的にも統一感があり、水や汚れがたまらないという利点もあります。香炉の背面は熱がこもらないように貫通させています。熱がこもって香炉が割れるのを防ぐためです。

 

拝石部分です。センターから手前に水勾配をつけて、泥や汚れが水で流れ落ちるようにしています。また、納骨の際などに開け閉めする部分ですので、こちらもしっかりと面取り加工をしています。

 

芝台部分です。お客様にお引渡しの際に、設計通りの寸法で作成していることをこのようにメジャーを当ててご確認いただくこともあります。弊社では芝台の幅を、80cmとたっぷり取っています。

磨き上げられた棹石正面には、周囲の緑と私の足が写りこんでいます!

 

背面から見たところです。お客様は気付きにくいところだと思いますが、芝台の側面、背面も、前面と同じように水垂れ加工をしています。

 


お引渡しは終了し、後日ご納骨の予定です。これで安心してご両親の納骨ができますと大変喜んでいただけました。選んでいただいたインド産黒御影石も、つややかで美しく風格があり、気に入っていただけました。

お客様は現地でお会いした際、弊社の施工例をとても気に入ってくださって、気に入ったものがあると写真を撮って、一緒にお墓選びをされているご兄弟様にもメールで送り、共有してくださっていました。そのおかげで、その日のうちにご依頼をいただけるというすばやさで、大変ありがたかったです。

このたびは、大切なご両親様のお墓を建てられるにあたり、数ある石材店の中から弊社を選んでいただきましたこと、感謝申し上げます。今後も何かお困りのことなどございましたら、どうぞお気軽にお声かけください。