藤沢、茅ヶ崎、平塚を中心に、安心価格を心がけて、お墓のお仕事をさせていただいています、アイシンの佐保(サホ)です。大庭台墓園にて、インド産のインペリアルレッド赤御影で、素敵な芝生墓地のお墓が完成いたしましたので、ご紹介いたします。

 

【完成したお墓のお写真】

今回のお客様は、弊社のホームページをご覧くださってご相談いただきました。ご主人様が亡くなられ、お墓を建てたいと奥様からのご相談でした。

まずは、大庭台墓園の芝生墓地で待ち合わせをして、奥様と長男様・長女様とご一緒に、墓園内の施工事例を見てまわりました。当社の施工例もいくつか見ていただくうち、「この赤い石がいい」とインド産赤御影石に興味を持たれました。耐候性のある硬い石で、昔から墓石に使用されている石です。

他のご要望もお聞きして、デザインやお見積もりを差し上げました。近隣の石材店数社にも同じインド産赤御影石でお見積もりをとられたそうですが、最終的には弊社をお選びくださいました。

 

それでは、お墓の詳細についてご紹介いたします。

棹石部分です。棹石の頂上は、ゴミや泥、水がたまらないよう、丸く加工しております。

正面の文字は「梨彫り」という彫り方です。通常の「素彫り」に比べ、文字の溝にごみや泥・ホコリなどが溜まりませんので、お手入れのしやすい彫刻です。こうした特性をご説明すると、この彫刻方法をご希望いただきました。また、額出し加工といって、端に額縁のような加工を施しています。こちらもお客様のご希望ですが、こうすることで通常より高級感のある仕上がりになります。

 

香炉部分です。香炉の頂上も、棹石の頂上などと合わせて、丸く加工してゴミなどがたまらないようにしています。さらに、すべてに約6ミリの面取り加工をいたしました。今回はお客様のご希望で、香炉と花立てが一体ではなくそれぞれ独立しているタイプです。それぞれを動かして隙間などをお掃除することができますが、面取りをすることで、滑って石と石がぶつかった際にも石が欠けてしまうのを防ぐことができます。

また、香炉には笠をつけています。香炉はお線香の熱で熱くなり、笠がない場合はその熱で石が膨張し、その際水がかかったりして冷えるとその温度差で断裂してしまう可能性があります。写真では見えにくいですが、香炉の背面も放熱のために貫通してあります。これも、できるだけお墓を長持ちさせるための工夫のひとつです。

 

拝石にも、手前半分に勾配をつけて、水が溜まらず流れるようにしています。拝石は平面ですので、特にゴミや泥が付きやすい部分です。長年にわたってゴミや泥が付いていくと、御影石の磨きも劣化してしまいます。

細かいことですが、お掃除の負担が少なくなったり、できるだけお墓が長持ちするように心がけています。

 

棹石、台石、花立てと香炉すべて、面取り加工で仕上げました。花立ての家紋の彫刻は、正面の梨彫りと合わせて、あまり深く彫らずに線彫りで仕上ています。

完成したお墓をご覧になったお客様は、大変喜んでくださいました。特に気に入ってお選びになった赤御影石で、思ったとおりのお墓が完成したとご満足いただけて、私もホッといたしました。墓園内のこの区画では、このつややかな赤御影石がひときわ緑に映えていて、とてもきれいでした。

今回はお墓作りと平行して、大切なお位牌のご依頼や、ご納骨時のお寺様のご指示までいただきました。特にこちらからご案内したわけでもないのに私を信頼してお任せいただけたということは、なによりも接客冥利につきます! ありがとうございます。こうしたお客様からの信頼を活力として、これからも丁寧に誠実にご対応していきたいと思います。