藤沢、茅ヶ崎、平塚を中心に、安心価格を心がけて、お墓のお仕事をさせていただいています、アイシンの佐保(サホ)です^^ 大庭台墓園立体墓地に国産石最高級の庵治石の墓石が完成いたしました。その際の様子をご紹介いたします。

【完成したお写真】

以前に、私が大庭台墓園の立体墓地にてお墓のお仕事をさせていただいている際に、お客様からお声をかけていただき、ご相談をいただきました。お客様はご夫婦ともに福島出身とのことで、私の妻も福島出身であることから話に花が咲きました。その際、「残念だけれど、仕事のことなどもあり、もう福島に帰る予定がありません。福島のお墓を改葬したいと考えていて、改葬先は大庭台墓園の立体墓地が良いと考えています。」というお話を伺いました。

そこで、ご夫婦様と一緒に大庭台墓園立体墓地を見学させていただいたところ、当店の過去のさまざまな施工例をご覧になったお客様が「この石の雰囲気が良い」とおっしゃったものが、庵治石のお墓でした。

 

庵治石とひとことでいっても、鉱山も10か所以上もあり、様々な種類があります。そこで庵治石の「最高級細目(こまめ)」「細目」「中目(ちゅうめ)」のサンプルをご覧いただき、最高級細目石を気に入っていただきましたので、そちらを使用しておつくりいたしました。

 

お墓のデザインや形、花立や香炉の部分も、以前の当店の施工例をご覧いただいた中から、シンプルなものを選ばれました。墓石は納骨の際に石が欠けたりすることがないよう、約6ミリ程度の丸面取りをしています。

 

庵治石のお墓が完成後、福島からご先祖様を移して来られ、無事に納骨式も執り行われました。

お客様には「ご先祖様のために、庵治石で素敵なお墓をつくることができて、本当に嬉しいです。」とお喜びいただきました。 お写真では見ることができませんが、”この石は間違いなく庵治石ですよ”と分かるよう、お墓本体と台座の部分に施された淀加工の部分にシールを貼らせていただいております。

立体墓地の場合、一般的なお墓よりも使用する石の量が少量になりますので、国産の石でもお求めやすい価格でお墓を建てることができます。また、室内ですので風雨にさらされることもなく、国産石の模様や石目の美しさも末永く続きますので、喜ばれています。

今回ご依頼くださったご夫婦様のお墓も、お子様やお孫様の代まで、素敵な庵治石のお墓が大切に受け継がれていくのだろうと嬉しく感じました。福島出身というご縁もあり、様々なお話をさせていただき、素敵なご縁をありがとうございました。