藤沢、茅ヶ崎、平塚を中心に、安心価格を心がけて、お墓のお仕事をさせていただいています、アイシンの佐保(サホ)です。大庭台墓園立体墓地に、高級感ある茨城県産 真壁小目石のお墓が完成しましたので、ご紹介いたします。

 

【茨城県産白御影石 真壁小目のお墓】

 

こちらはホームページをご覧になってご連絡くださったお客様です。鹿児島県にお墓をお持ちなのですが、お住まい近くの大庭台墓園立体墓地にお墓地を取得されたので、そこにお墓を建ててご遺骨をお引越ししたいとお考えでした。お電話で簡単にうかがった際には、「国産の石で、白御影を使いたい」というお話でした。現地でお会いするお約束をして、詳細はそのときにうかがうことなりました。

後日大庭台墓園の立体墓地で、ご夫婦でお越しくださったお客様とお会いしてお話をうかがいました。お電話でお話していたとおり、「やはり国産の白御影石で作りたい」とご希望でした。はっきりとしたご希望をお持ちでしたので、それならば と、国産の白御影石を使用した施工例をいくつか見ていただきました。日本を代表する最高級御影石である香川県産の庵治石や、茨城県産の真壁小目石のお墓、加えて、少し青味がかっていますが佐賀県産の天山石のお墓などもご覧いただきました。色々と見ていただき、実際に石の加工までを含めたお見積もりも比較して見ていただくなどご検討いただいた結果、最終的には真壁小目石を選んでいただきました。

では、完成したお墓をご紹介いたします。

 

棹石正面です。「額出し」加工といって、額縁のような立体的で高級感のある加工です。こちらも弊社の施工例でごらんになったお客様が、「せっかく作るんだからこういう高級な感じにしたいです」とおっしゃって、採用していただきました。

正面の文字は「梨彫り」という彫刻技法です。通常の素彫りと違って深く彫りこまない方法で、ホコリなどの汚れが文字部分に入らないということでお客様がご希望されました。

 

香炉の左右は、丸面取りを2段重ねにした木瓜(もっこう)仕上げをしています。こちらもやはり施工事例をご覧になったお客様がご希望でした。また、香炉の前面も少しふくらみを持たせた丁寧な加工です。こちらもお客様のご希望ですが、木瓜仕上げともあいまって、より高級で重厚感のある仕上がりになりました。

今回も、お墓全体にわたって、2分面取り(6ミリ前後)加工を施して丸みを持たせています。石と石がぶつかって角が欠けたりすることを防ぎ、お墓を長持ちさせるため、弊社ではいつもこうした加工をしております。

 


今回お選びいただいた茨城県産の真壁小目石は、東京をはじめ関東圏でおそらく一番使用されている石のひとつです。色合いも、真っ白ではなく少し青みがかってきれいで、歴史のある石で質の安定したところも人気の理由です。同じような色合いの小目石としてお求め安い中国産のものもありますが、ここ大庭台墓園立体墓地はコンパクトなお墓を建てることができるため、国産の石を選ばれても比較的費用が抑えられることもあり、石種等もより良いものを選ばれる方が多いように思います。

 

完成の確認もしていただき、近いうちご納骨させていただく予定です。九州は鹿児島からご遺骨をお引越しされることになっております。

お客様は、ご夫婦ともに大変喜んでくださって、とてもご満足いただけました。打ち合わせの合間には、「錦江湾で砂金が取れるらしいよ!」という、同じ九州長崎 佐世保出身の私もびっくりの鹿児島のお話もうかがったりしました。お仕事柄、色々な見聞を広めた方で他にも色々なお話をしてくださり、打ち合わせも楽しくさせていただきました。

ご主人様は国際的なお仕事に長年打ち込まれ、とても知識や見識の深い方でした。そんな方が、「お墓のことは全くわからないからアイシンさんにお任せしますよ」と全幅のご信頼を寄せてくださいました。そのお気持ちがとてもうれしく、ご信頼にお応えすべく精一杯つとめさせていただきました。ご満足いただけるお墓が完成し、私もうれしく思います。今後も何かお困りのことなどございましたら、どうぞお気軽にお声かけください。また、楽しいお話を聞かせていただけるとうれしいです。