藤沢、茅ヶ崎、平塚を中心に、安心価格を心がけて、お墓のお仕事をさせていただいています、アイシンの佐保(サホ)です。大庭台墓園立体墓地に、アフリカ産Bブラウンの高級型加工のお墓が完成しましたので、ご紹介いたします。

 

【アフリカ産Bブラウンのお墓】

 

こちらのお客様は、ホームページをご覧になってお電話でご連絡くださいました。以前当店の展示場がお住まいの近くにあったということで、その展示場は今はもうないのですが、以前から当店のことを知ってくださっていました。

ご親族様が亡くなり、遠方の秋田にお墓をお持ちだったのですが、お住まいの近くの大庭台墓園の立体墓地に墓地を取得され、お引越ししてお墓を建てることにされたそうです。

まずは現地の大庭台墓園立体墓地でお会いしました。ご夫婦でお越しくださいました。ご一緒に実際の施工例を見てまわる中、お客様が最初におっしゃっていたのは、お墓の色合いについてでした。お好みの色を探したいということと、高級感のあるデザインをご希望でした。

では、実際に完成したお墓をご紹介しながら、詳細をご説明してまいります。

 

棹石正面です。ご家名を、「梨彫り」という方法で彫刻いたしました。これは実際の弊社の施工事例を見ながら、従来からの素彫りと比べてごみ等が溜まりにくいというご説明を聞かれたお客様が、「この方法がいいです!」とお選びくださいました。素彫りの場合と違って、文字の部分の高低差がほとんどないため、ごみなどが溜まらずお手入れのしやすい方法です。

お墓の石の種類については、施工例をご覧いただきながらいくつかご提案して決めていただきました。当初は白っぽい石がいいかなとおっしゃっていましたが、最近こういったお墓ができたんですよ と同じBブラウンのお墓をご案内したところ、「これはいい色だね!」と気に入っていただけました。
実際にこうして施工例をたくさん見ていただいて、当初希望されていた石とは違う石をお選びになるケースは多くあります。もちろん最初におっしゃったご希望を大切にご案内いたしますが、ご希望以外にもたくさんの施工例を見ていく中で、石の種類による費用の違いや特性等をご説明すると、「こういう石もいいですね」と選択の幅が広がります。たくさんの選択肢から、ご予算やご希望に叶った石を選んでいただくことで、よりご満足のいくお墓を作ることができると思い、さまざまな施工例をご案内するようにしています。

 

お花立てと香立ては、一体型で高級型加工のものを採用しました。角が残った真四角に近い標準型のものと比べ、前面は曲面で仕上げ、左右も膨らませて丸みを持たせています。施工例をご覧になったお客様が、「これはすばらしい!」ととても気に入ってくださいました。
大庭台墓園の立体墓地では、墓園で決められたお線香皿のサイズがあり、加工の際はそのサイズにぴったり合わせて加工しています。

 

棹石側面です。こちらも標準型と比べて、しっかりとボリューム感や立体感のある高級型仕上げです。写真では少し分かりにくいですが、お名前の彫刻の入っている棹石前面はなだらかなアールになっていて、ボリュームもありつややかな仕上がりです。

 

高級型の加工をご夫婦ともにとても気に入ってくださり、「これはいいね」と大変喜んでいただけました。さらに、お墓全体に角を取る面取り加工を施しています。お掃除などの際に万一石と石がぶつかっても欠けにくく、お墓の長持ちにつながるため、弊社ではいつもこうした工夫をしてお客様に喜んでいただいております。

完成したお墓をご覧になったお客様は、ご夫婦とも大変なお喜びでした。また、仕事ぶりを認めてくださったのか、魂入れのご法要のお寺様の手配もお任せくださり、ご紹介させていただきました。秋田のお墓からお引越しされてご納骨も無事完了し、安心されたことと思います。

初めてのお墓作りは分からないことも多く、ご不安もあるかと思います。弊社では、当初のご要望に沿いつつも、まずはたくさんの様々な施工例を見ていただきますが、そうすると弊社のお墓作りがどういったものかを見て安心していただくこともできますし、具体的な完成のイメージも描きやすくなります。そしてお客様のご要望を細かくうかがいながら、さまざまな選択肢があることもご説明して、ご予算やご希望に応じた、より満足のいくお墓になるようにお手伝いさせていただいております。ですので、どんなお墓にしたらよいか、あるいはご予算のことなど、分からないことやご不安なこと、なんでもご相談いただけたらと思います。