藤沢、茅ヶ崎、平塚を中心に、安心価格を心がけて、お墓のお仕事をさせていただいています、アイシンの佐保(サホ)です。大庭台墓園立体墓地に、茨城県産真壁小目石で作成したときん仕上げの洋型のお墓が完成しましたので、ご紹介いたします。

 

【大庭台墓園立体墓地 茨城真壁小目】

 

大庭台墓園の立体墓地を取得されて、以前に一度お問い合わせを頂いたお客様から、しばらく経ってご連絡をいただきました。しばらく音沙汰がないので「どうされたかな・・・」と思っていたのですが、ご自分で色々と調べたりじっくり考えておられたようで、再度弊社にご連絡をくださいました。「おたくのホームページもよ~く見たんだよ」とおっしゃっていましたので、施工例等もご覧いただけていたようです。

現地でご一緒に実際の施工例等を見ていただきました。ご宗教は神道ということで、棹石の頭が尖った「ときん仕上げ」のお墓をご希望でした。弊社ではときん仕上げのお墓の施工例がなかったため、立体墓地内のお墓を色々と見てまわり、参考になりそうなお墓がありましたので、実際のお墓を見ながらご説明を差し上げました。結果、それを参考にして、お客様のご希望される白御影石で作成することになりました。

それでは、完成したお墓をご紹介いたします!

 

お墓正面のご家名の彫刻は「梨彫り」です。一般的な素彫りと違い、文字部分を深く彫り込まないため文字の高低差がなく、溝にゴミやホコリがたまりにくいので、お手入れがしやすいことなどをご説明すると、「ごみが溜まらないからこれがいいんじゃない?」と気に入ってくださり、採用していただきました。弊社の施工例にも多数「梨彫り」のものがありますので、実際に実物を見ていただいてご納得の上で選んでいただくことができました。

 
「梨彫り」の施工例とともに、使用する石についても実物を見ながらお話しして決まりました。その中で、国産白御影石の茨城県産真壁小目のお墓を気に入られて、同じ石種でお作りしました。東京をはじめ、関東圏でおそらく一番使用されている石のひとつで、少し青みがかった白御影石です。
また、弊社ではいつもしていることですが、棹石や花立て等もすべて面取り加工しています。「ときん」の部分と同じように、お掃除の際などにぶつかったりひっかかったりして石が欠けたりすることのないようにするためです。お墓を少しでも長持ちさせるためにしています。
 

 

棹石の頭は、このように「ときん」仕上げにしています。「ときん(兜巾)」仕上げは、棹石の頭を尖らせて、四角錐にしているもので、神道式の墓石に施されるものです。和型のお墓に多いのですが、横長の洋型墓石には珍しい仕上げです。
大庭台墓園の立体墓地のお墓の高さの決まりも考慮しつつ、お墓の後方にあるステンレス製の塔婆立てがあまり見えないように、かつ、きちんと「ときん」の形がわかるように、棹石左右の下がりをちょうど良いように調整しました。このあたりはお客様に一任いただけました。通常の「ときん」仕上げはもっと角がはっきりと尖っているのですが、お掃除の際などにひっかかって石が欠けたり、怪我をしたりすることのないように、少し面取りをして丸みを持たせています。

 

神道でいらっしゃるので、香炉はなく、平らな面はお供物台として使用できます。左右に榊を立てるお花立て設置しました。こちらもすべて面取りをしてします。

正面にはご家紋を彫刻しました。横に長く彫り下げた箇所は、お客様がご指定されたサイズで作成しています。浮き出し仕上げで、周りには白い色を入れました。実際の施工例を見ていただいて、色を入れた方がよりはっきりと見えるということで、お選びいただきました。

 

完成したお墓をご覧になったお客様には、「こんな素晴らしいものを作ってもらえるとは」と喜んでいただけました。「ときん」仕上げにはこだわっていらっしゃったのですが、その部分がうまく仕上がっていたことが、大変ご満足いただけた点のひとつでした。近々ご納骨のお手伝いもさせていただくことになっております。

お客様は、「ときん」仕上げのことなどもはじめ、色々とお墓について考えられていて、「こういうお墓にしたい」という明確なお考えをお持ちでした。奥様も、よりよいお墓にしたいとしっかりと考えておられるお客様にすっかりお任せになるほどで、私どもにもそうしたお客様のお墓に対するお考えが伝わっておりましたので、精一杯のお手伝いをさせていただき、ご満足いただくことができました。

こちらの大庭台墓園には、弊社でお手伝いさせていただいた施工例がたくさんあります。お墓のことはよく分からないお客様でも、石の種類や彫刻技法、仕上げなどを選ぶ際に、実際に建っているお墓をたくさん見ていただいて、その中からお好みに近いものを参考にしながら、ご希望に沿ったものをご提案できるということは、弊社の強みでもあります。よりご満足いただけるお墓作りのため、また、末永く大切にしていただけるお墓作りのために、今後もひとつひとつ丁寧にご対応して参りたいと思います。