藤沢、茅ヶ崎、平塚を中心に、安心価格を心がけて、お墓のお仕事をさせていただいています、アイシンの佐保(サホ)です。大庭台墓園芝生墓地にて、お墓の棹石の作りかえをさせていただきましたので、ご紹介します!

 

【大庭台墓園芝生墓地 棹石の作りかえ インド産黒御影石】

 

今回のお客様からは、当初、追加彫刻とご納骨のご依頼ということでご連絡をいただきました。ご連絡をいただいて、現地でお会いすることになりました。

 

お会いしてお墓の様子を確認させていただきました。すると、棹石にこのような亀裂が入っていることが分かりました。建てられてから40年ほど経っているお墓で、お客様も気にされていました。

こうした場合の対処方法としては、棹石前面をカットして磨き直す、正面の文字彫刻をし直す際などに取られる方法があります。ただ、今回のお客様のお墓の場合はヒビが深く、奥まで入ってしまっているのでこの方法は難しいようでした。他に考えられる方法としては、お墓を新しく建て直すか、お墓の棹石のみを新しく作りかえる方法ということになります。

お客様はご納骨も控えておられて、「それじゃあ自分たちの代できれいにしよう!」ということで、この機会に棹石のみを新しく作りかえることになりました。ご説明やお見積もりを経て、据え付け工事も無事に完了しました。

 

今回新しく作りかえた棹石です。台座や他の部分については、今回はそのまま使用しています。後日お時間のあるときに磨き直したりすることも可能です。

石は、インド産の黒御影石です。もともとはご家名が正面に入っていましたが、今回は「宇宙に還る」という言葉を彫刻しました。内容や自体は、ご主人様が指定されたものです。最近は、家にこだわらずに誰でもお墓に入れるようにということで、従来のような家名だけでなく、こうした言葉を彫刻されるケースも増えています。

棹石の天面は丸く加工しています。以前は水平の天面でしたが、こうして丸みを付けることで、付着した汚れやチリが雨などで流れて落ちていくので日常的にお墓を清潔に保つことができ、お墓の長持ちにもつながります。

 

彫刻の方法は「梨彫り」です。一般的な素彫りと違って、文字の彫刻部分と石の表面の高低差がほとんどないので、文字の溝にゴミなどがたまることがありません。特に芝生墓地では、どうしても泥はねなどもありますので、そうした汚れが雨などでサッと流れていくこの彫刻方法はとてもおすすめです。お手入れがしやすく、当店でもお選びいただくことの多い彫刻です。

 

 

完成して、当初のご依頼だったご納骨のお手伝いもさせていただきました。ご納骨の際はご主人様自らお経を上げられて、ご家族皆様で心のこもったご供養をされておられました。

今回は、ご主人様・奥様ともに私のことをとてもご信頼くださって、奥様は「あなたに全部任せるわ」とおっしゃってくださるほど、全面的なご信頼をおいてくださいました。おかげさまでお打ち合わせやご説明もスムーズで、滞りなくご納骨までに完成することができました。また、他の仕事で右肘を痛めていた私に、ご納骨の当日「よかったら使って」とお薬をお持ちくださるなど、とてもありがたいお気遣いをいただきました。私の肘のことまでご心配くださるなんて、本当に感謝です。お気遣いありがとうございました。今後も何かお困りのことなどございましたら、どうぞいつでもお声かけくださいませ。

 

大庭台墓園芝生墓地に関する記事

●ご家族様の「想い」のこもったインド緑M1Hのお墓が完成。梨彫りとなめらかな水垂れ加工、大庭台墓園芝生墓地にて
●~愛は永遠に~本小松石のお墓の棹石の磨き直しと梨彫りでの再彫刻。大庭台墓園芝生墓地にて
●インド山崎の芝生墓地洋型墓石が完成しました。梨彫り仕上げ、大庭台墓園にて
●大庭台墓園芝生墓地に、桜の彫刻を施したインド産本クンナムのお墓が完成。梨彫りや水垂れ加工など細かな工夫で安心のお墓
●大庭台芝生墓地にて、あたたかい言葉が刻まれたインド緑M1Hのお墓が完成しました
●桜の彫刻をあしらった、インド産黒御影本クンナムの洋型墓石が完成しました。梨彫り仕上げ、大庭台墓園芝生墓地にて