藤沢、茅ヶ崎、平塚を中心に、安心価格を心がけて、お墓のお仕事をさせていただいています、アイシンの佐保(サホ)です^^ 大庭台墓園の芝生墓地にて、インド産M1hの素敵な墓石が完成いたしました。その際の様子をご紹介いたします!

【完成したお墓のお写真】

 

今回、お墓の建立をご依頼いただいたご夫妻様は、インターネットで石材店を探されている際に、当店のホームページを見つけてくださり、お問合せくださいました。建立前の墓地の現地確認をご一緒にさせていただいた際に、「ホームページの会社案内のページにあるプロフィールを拝見しましたが、佐保社長と私、大学が同じなんです。 ”同じ大学出身の方がされているんだなぁ”と、とても親近感が湧きました!」というお声を、奥様からいただきました。当店へご依頼いただくきっかけも、もちろん過去の施工例等をご覧いただいたことが一番ですが、同窓生であることも大きく影響したそうです。(ありがとうございます^^)

墓地をご一緒に見学しながら、過去の当店の施工例などから、ご希望のお墓や石の色などを選んでいただきました。

 

お客様のご要望の石の色から、「インド産のM1h」という石種を使用することになりました。M1hという石は、「緑系」と「黒系」の2種類ございます。(お写真の左側が緑系、右側が黒系となります。) お客様のご希望は緑系でしたので、今回は緑系のM1hを使用してお墓をお建てすることになりました。

 

お墓が完成しました! こちらは棹石の頭部分のお写真です。当店の過去の施工例をご覧いただき、”額出し(棹石の前面部分が額縁に収まっているように、縁以外の部分が盛り上がっているデザイン)”という、高級型の加工を気に入っていただきましたので、取り入れました。

石の磨きもとても良い仕上がりで、墓石に芝生が写り込むほどです^^

 

オレンジの矢印は、高級型の額出し加工の部分です。

オレンジの丸印は水垂れ部分で、お参りの際にお水でお掃除をしたり、雨が降った際に、泥や汚れが流れていきやすいよう加工してあります。

 

細かい部分ですが、水垂れの一番外側の部分は1㎝弱、丸くR加工してあります。こうすることで、とても柔らかい雰囲気になります。この加工をされている過去の施工例を見て、気に入っていただいたので取り入れました。

 

香炉も墓石と同様に、泥や汚れが付きにくいように加工をしています。お線香の熱で石が割れてしまうことがないよう、ステンレス製の線香立には屋根がついています。

 

花立てもステンレス製の花筒が着脱可能なものですので、お掃除がとてもしやすく、常に清潔に保つことができ、お花の交換も楽に行っていただけます。

 

お墓を右側から写したお写真です。お墓全体が統一感のある丸みを帯びた加工で、とても優しい仕上がりです。

完成したお墓をご覧になり、ご主人様には「素敵なお墓を建ててくださってありがとうございます! 大切にお墓参りをしていきたいです。」というお声をいただき、奥様には「たくさんの希望を聞き入れてくださってありがとうございました。亡くなった母もとても喜んでいると思います。」というお言葉を頂きました。

お墓が出来上がるまでに様々なお話をさせていただきましたが、奥様が同窓生であることに加え、なんと誕生日まで私と同じ(年齢は私が上ですが^^)ということが分かり、更にはご主人様が私と同じ長崎出身だということも分かり、心から「ご縁をいただいたのだなぁ」と感じました。

後日納骨式を控えていますが、納骨の際に読経をしていただくお寺様のご紹介も当店へご相談くださいましたので、お手伝いしています。今後も何かお困りの際は、ぜひお声かけください。お役に立てれば幸いです^^